教材・講座の口コミ・評判

フォーサイト社労士講座 不合格でも全額返金される「全額返金保証制度」とは? その秘密とは?!

フォーサイト社労士講座 全額返金保証制度

 

<人気講座ランキング(上位3社)

第1位 スタディング高品質なのに業界最安価格:59,800円~

第2位 フォーサイト全国平均の3.73倍、高い合格率

第3位 アガルート全国平均の4.5倍!業界最高合格率と全額返金サービス

 

こんにちは、チサトです。

今回は、通信教育会社フォーサイト(foresight)社労士講座の「全額返金保証制度」について、ご説明します。

社労士試験は合格率が6%程度ですから、これまでも他社で「合格時に受講料を全額返金する」という制度ならありました。

しかし、フォーサイトが他社と違うのは

「不合格時に、受講料を全額返金する」という点。

これの何が画期的なのかと言うと、「合格率が6%」ということは、「100人中94人は不合格者」ってことなんです。

不合格者が大多数を占める難関試験において、本当に「不合格時に全額返金」という制度が成り立つものなのか・・・?

ぜひ、ご一緒にチェックしていきましょう。

なお、フォーサイトとは別の資格スクールになりますが、現在、クレアールが「最速勉強法」のノウハウについて、市販の受験ノウハウ書籍を無料でプレゼントしています。無料【0円】なので、よろしければ、そちらもチェックしてみてください。

<クレアールに資料請求をすると、市販の書籍「非常識合格法」がもらえる【無料】

現在、クレアールの社会保険労務士(社労士)通信講座に資料請求すると、市販の社労士受験ノウハウ本が無料でもらえます。

最新試験情報はもちろんのこと、難関資格の合格を確実にする「最速合格」ノウハウが満載です。

社労士受験ノウハウの書かれた市販の書籍無料【0円】で貰えるのですから、応募しないと勿体ないですよね。

=>クレアール 社労士試験攻略本(市販のノウハウ書籍)プレゼント付き資料請求はこちら

 

 

フォーサイト社労士講座の全額返金保証制度とは?

フォーサイト社労士講座の全額返金保証制度とは、以下の条件を充たすことにより、受講料を全額返金してもらえる制度です。

<返金の条件>

<返金の条件>を平たく言うと・・・次の3つ!

  1. 「全額返金保証制度」対象の講座を受講する
  2. テスト等で一定の成績を収め、必要な提出物を送付する
  3. 社労士の本試験で不合格になる

以上をご覧になって頂くを分かる通り、

「不合格であれば、誰でも無条件に全額返金される制度ではない」

ということです。

一番のポイントは「テスト等で一定の成績を収める」ことが必要な点であり、

「普段から一生懸命に社労士の勉強を頑張っていたのに、本番試験で力を出し切れなかったり、もう一歩力が及ばなかった」

という人を救済する制度と考えたほうが良いでしょう。

=>フォーサイト社労士講座「全額返金保証制度」公式ページはこちら

 

全額返金保証制度の設立の背景

フォーサイトのHPには、以下のような記述があります。

実際に合格した受講生の多くが「フォーサイトの教材を信じて勉強して良かったです」とおっしゃいます。受講生の不安を解消し、合格に向かって邁進していただきたい。そんな思いから「フォーサイトの教材で実際に学習を進めたのにもかかわらず、試験に合格できなかった場合、全額返金」とさせていただきます。

ここから、

フォーサイトとしては、自社の講座や教材に絶対の自信を持ち、

「フォーサイトを信じて真面目に取り組んでくれた方は、まず合格するだろう」

という考えのもと、全額返金保証制度を設立したのだろう、という背景が見えてきますね。

フォーサイト社労士講座の口コミや評判については、下記の記事を参考にしてください。

フォーサイト 社労士通信講座
フォーサイトの社労士講座 評判・口コミを徹底分析!【2022年向け最新版】こんにちは、チサトです。 この記事では、フォーサイト(foresight)の社会保険労務士(社労士)通信講座について、お伝えします...

 

全額返金保証制度のメリット

フォーサイトによれば、全額返金保証制度のメリット(効果)として、次の3点を挙げています。

  1. 金銭的負担
  2. 心理的負担
  3. 学習効果

上記3点について、もう少し詳しく見ていきましょう。

金銭的負担

「不合格だと受講料がもったいない…」

誰もが考える悩みですが、返金保証があれば、万一不合格なら受講料は0円になるため、少なくとも損をすることはありません。

費用のことは気にせず勉強に打ち込むことができます。

心理的負担

「本当に合格できるか不安で学習に身が入らない」

そう考える人はいます。しかし、返金保証があれば、教材を信じて学習に打ち込むことができます。その方が、合格に近づきやすいのは言うまでもありません。

学習効果

途中で挫折してしまうと、それまでの学習が無駄になってしまいます。

しかし、返金保証があれば、万が一不合格でも、追加費用ゼロで再受験や学習の継続が可能です。そのため、間違いなく実力がアップします。

=>フォーサイト社労士講座「全額返金保証制度」公式ページはこちら

 

フォーサイト社労士講座の全額返金保証制度 対象講座は?

フォーサイト社労士講座(2022年度試験対策)のうち「バリューセット3」が全額返金対象講座となります。

コース名 バリューセット3 2022年試験対策
内容 基礎講座、過去問講座、直前対策講座、過去問一問一答演習
金額 通常コース:121,800円(税込・送料別)
DVDオプションコース:133,800円(税込・送料別)

※通常コースとDVDオプションコースはDVDメディアの有無以外に違いはありません。また、通常コースはPC用Webまたはスマホアプリによる動画講義の受講となります。

フォーサイト社労士講座の口コミや評判については、下記の記事を参考にしてください。

フォーサイト 社労士通信講座
フォーサイトの社労士講座 評判・口コミを徹底分析!【2022年向け最新版】こんにちは、チサトです。 この記事では、フォーサイト(foresight)の社会保険労務士(社労士)通信講座について、お伝えします...

 

フォーサイト社労士講座の全額返金保証制度 返金までの流れ

返金までの流れは、以下のとおりです。

  • 確認テスト・学力テストの実施

  • 必要書類の送付(試験前)

  • 資格試験を受験

(不合格で適用条件を満たす場合)

  • 必要書類・教材一式の送付(試験後)

  • 受講料をご返金

※返金までの目安は、必要書類のご到着から1週間前後です。

 

フォーサイト社労士講座の全額返金保証制度 適用条件

適用条件は、大きく以下の5つです。

<適用条件>
  1. 全ての確認テストにおいて100点を取得すること(※何度でも受験できます)
  2. 専用の学力テストを受験し、得点が学力テスト受験者の上位13%に入ること(1度しか受験できません)
  3. 本試験前に必要書類を提出すること
  4. 本試験において一定の成績を残すこと
  5. 本試験後に必要書類を提出・教材の返送をすること

以下、詳細をみていきましょう。

全ての確認テストにおいて100点を取得すること

本試験前日までにeラーニングで提供する確認テストを受けます。

確認テストは受講開始後いつでも利用でき、何度でもチャレンジできます。

専用試験(学力テスト)を受験し、以下の条件を満たすこと

2022年度試験対策をご購入の方は、本試験3週間前から本試験2週間前までの期間に、選択式試験と択一式試験を合わせた専用試験(学力テスト)を1回受験し、得点が学力テスト受験者の上位13%に入ること。

※2020年度社労士試験、全国平均合格率6.4%の2倍を保証の基準としています。

学力テストはeラーニング上で、受験できます。試験時間は1時間50分の模擬試験形式です。

【学力テストの実施期間について】

学力テストの実施期間は下記になります。試験が延期になった場合でも、実施期間は延長となりません。
実施期間:本試験3週間前から本試験2週間前まで
※学力テストの試験科目は、実際の本試験に即しています。
※選択式試験は各科目2点、択一式試験は各科目4点の配点となっています。

本試験において以下の条件をいずれも満たすこと

選択式試験及び択一式試験の合格最低点+1点以上であること

(例:選択式試験の合格最低点が25点なら26点以上、択一式試験の合格最低点が42点なら43点以上)

選択式試験及び択一式試験の15の試験科目における基準点のうち、基準点割れとなった試験科目が1つ以下であること

(基準点の引き下げによって基準点を満たした場合には、基準点割れの試験科目としては扱いません)

本試験前に必要書類を提出すること

本試験5日前までに「受験票」「本人確認書類のコピー」「返金申請書」を提出した上で本試験を受験してください。

本試験後に必要書類を提出・教材の返送をすること

試験結果通知書のコピー、「返金希望」と記入したメモ用紙、教材一式、返金先口座情報をフォーサイトへ送付ください。

全額返金保証の適用条件に関するご注意点

確認テストおよび学力テストの受験にはインターネット環境が必要です。また学力テスト実施時にはパソコンでのご利用が必須となります。スマートフォンやタブレットでの受験はサポート外となります。確認テストはパソコン以外でもご利用できます。

※確認テストは通常版とゲーム版がありますが、通常版の実績のみが全額返金保証制度の対象となります。ゲーム版で100点を取っても条件を満たしません。

全額返金保証が適用されるのは個人でお申し込みのお客様のみです。法人のお客様は適用外となります。

同一資格講座について、全額返金保証制度のご利用はおひとり様1回のみです。他資格講座に関しては別扱いとなりますので、制度の対象となります。また、返金を受けなかった場合(辞退された場合)は、次回お申し込み時には再度対象となります。

いかなる事情があっても本試験を受験されなかった場合(試験実施団体による試験中止を含む)は、全額返金の対象外となります。

学力テストの出題内容を流布・共有することは、受講生間の公平性の観点から禁止されています。各種SNSやブログ、email、口頭や紙など流布・共有の手段に関わらず、違反した場合には全額返金の対象外となります。

「全額返金保証の適用条件」を全て満たした方が対象となります。1つでも条件を満たしていない場合は、返金保証は適用できませんのでご注意ください。

提出書類について

本試験前に提出する必要書類

受験票・本人確認書類のコピーと「返金申請書」を、試験日から5日前までの消印で、フォーサイトに送る必要があります。なお、フォーサイトに書類が届かないなどの事故防止のため、宅配便または配達証明郵便など、配達を確認できる手段でご送付ください。何らかの事故でフォーサイトに未着の場合、お申し込みの受付できないので、予めご了承ください。

※返金申請書はeラーニングからフォーマットをダウンロードできます

本試験前に提出する必要書類

  • 受験票のコピー
  • 本人確認書類のコピー(運転免許証・マイナンバーカード・写真付き公的証明書類など)
  • 返金申請書

本試験後に提出・返送が必要なもの

「返金希望」と記入したメモ用紙、教材一式、返金先口座(ご本人様名義の口座に限る)を、合格発表から14日以内の消印で、フォーサイトまで送ってください。

返送する教材について、テキストに関しては折れ、書き込み等について状態は問いません。テキストの他、メディア(DVD)においても全て返送してください。

本試験後に提出する必要書類

  • 試験結果通知書のコピー
  • 「返金希望」と記入したメモ用紙
  • 返金先口座情報(ご本人様名義の口座に限る)

本試験後に返送が必要な教材一式

基礎講座

テキスト
講義DVD

過去問講座

問題集
講義DVD
模擬試験
予想問題集
演習ノート

直前対策講座

テキスト
講義DVD

副教材

受講ガイド
戦略立案編
合格必勝編
受講ガイド / 戦略立案編 / 合格必勝編 DVD
入門講座 テキスト
入門講座 DVD
労働経済白書のポイント
厚生労働白書のポイント
法改正情報
合格カード
社会保険労務士マンガ
合格体験記

よくある質問

Q確認テストと学力テストはどんな内容ですか?

Aeラーニング上で受講生全員が受けられるテストです。確認テストは一問一答形式で知識の定着を図ります。学力テストは実際の試験に即した模擬試験形式となります。

Q教材に書き込みや折れがあっても大丈夫ですか?

A教材に書き込みや折れがある場合でも返金保証を受けることができますので、気兼ねなく学習を進めてください。ただし、ご返送時にチラシを除く教材一式に不足があった場合には保証出来かねるとのこと。

Q購入時に何か申し込みは必要ですか?

A講座購入時にはお申し込みやお手続きは不要です。本試験受験前に必要書類を送ることで、返金保証制度へのお申し込みとなります。お申し込みがない場合には保証対象外となりますのでご注意ください。

フォーサイト社労士講座 返金制度が熱い! 不合格なのに「全額返金保証制度」とは? <まとめ>

ここまで、フォーサイト社労士講座の「全額返金保証制度」について見てきました。

この制度は、決して「誰でも不合格だったら全額返金される」という制度ではありません。

しかし、「講座や教材を信じて、真面目に学習した方ならば「必ず合格できる!」という、フォーサイトの絶対的な自信が感じられますよね。

もしあなたが、「次の試験には絶対合格したい(合格しなければならない)」という思い・状況であれば、フォーサイトの「全額返金保証制度」は有望な選択肢となるはずです。

一度、検討してみてください。

=>フォーサイト社労士講座「全額返金保証制度」公式ページはこちら

 

社労士の通信講座 一覧

<社労士の通信講座 おすすめベスト5>

 

<その他の通信講座>

<大手スクール(通信&通学)>

 

=>社労士の通信講座 おすすめ・比較・ランキングはこちら

社労士の試験制度や試験対策・勉強法などは、下記も参考にしてください。

試験制度や試験対策・勉強法 記事一覧

<試験制度 総合>

<データや統計など>

<試験対策・勉強法(総合)>

<おすすめテキスト・問題集など>

<科目別 試験対策・勉強法>