フォーサイト

フォーサイト社労士講座 資料請求を実際に体験してみました!

フォーサイト社労士講座 資料請求を実際に体験!

こんにちは、チサトです。

今回は、実際に私がフォーサイトに資料請求してみた体験レビューをお届けします。

社労士の通信講座のなかでは評価の高いフォーサイトですが、決して安い買い物ではありませんから、本当に自分にマッチしているのかチェックしたいですよね。

フォーサイトに資料請求すると、かなりボリューミーな資料一式が届きます!

その内容を見ると、フォーサイトの講座について良く理解できますよ。

また、講座内容が理解できるだけでなく、社労士受験に役立つ「受験ノウハウ書籍」まで無料でもらえるのです。

というわけで、あなたにも「実際に資料請求をしてみて欲しい」というのが本音なのですが、いろいろ忙しいと思うので、まずは当記事を読んで、フォーサイト資料請求の概要をざっと掴んで欲しいと思います。

なお、フォーサイト社労士講座の口コミ・評判については、下記記事をチェックしてください。

フォーサイト 社労士通信講座
フォーサイトの社労士講座 評判・口コミを徹底分析!【2022年向け最新版】こんにちは、チサトです。 この記事では、フォーサイト(foresight)の社会保険労務士(社労士)通信講座について、お伝えします...

 

まずはフォーサイト社労士講座の基本情報!

まず、フォーサイト社労士講座の概要からチェックしていきましょう。

フォーサイトの社労士講座には、単価講座からセット講座まで様々な種類がありますが、今回はコストパフォーマンスが高くて多くの受講生が選んでいると思われる「バリューセット1」について言及します。

提供会社 株式会社フォーサイト
受講コース バリューセット1 2022年試験対策(基礎+過去問講座)
価格 78,800円(税込・送料別)
テキスト テキスト 10冊
問題集 過去問題集 10冊、模擬試験、予想問題集、演習ノート
eラーニング 「ManaBun(まなぶん)」:デジタルテキスト・講義動画+音声(ストリーミング・ダウンロード)・eライブスタディ・学習スケジュール・確認テスト・チェックテストなど
副教材 受講ガイド、戦略立案編、合格必勝編、入門講座テキスト、労働経済白書のポイント、厚生労働白書のポイント、法改正情報、合格カード、社会保険労務士マンガ、合格体験記
サポート体制 無料メール質問 10回(11回目以降は有料)
合格お祝い金 Amazonギフトコード最大2,000円分プレゼント!
教育訓練給付金制度 対応
その他

 

資料請求した翌日に届きました!

資料を請求してから実際にサンプルが届くのに時間が掛かると、せっかくのテンションが下がってしまいますよね。

フォーサイトでは、資料請求を15時までに申し込むと、その日のうちに発送するそうです。

私の場合、申し込んだ翌日に届きました!

翌日ならテンションも下がらないですし、「きちんとした会社だな」という印象も残りますよね。

資料請求の内容は?

フォーサイト社労士講座に資料請求すると、以下のような資料やサンプルが届きました。

  • 社労士講座リーフレット
  • 教材見本(テキスト・問題集)
  • サンプルDVD
  • 非売品の社労士受験ノウハウ書籍「6か月で社労士」
  • 社労士講座・合格体験記
  • 効率的学習法リーフレット
  • フォーサイトの会社案内

また、eラーニングシステム「ManaBun(まなぶん)」は、申し込み完了後すぐに無料体験できます。

以下、それぞれチェックしてみましょう。

社労士講座のリーフレット

まずは社労士講座のリーフレット。30ページ程度のしっかりした作りで、以下のような内容になっています。

  • 社労士資格の特長
  • 資格ガイド
  • フォーサイト社労士講座の講師紹介
  • 合格者の声
  • フルカラーテキスト
  • 講義の特長
  • 機能別問題集
  • eラーニングシステム
  • フォローシステム
  • 教育訓練給付制度のご案内 など

以上の内容はフォーサイトのWebサイトにも書かれていますが、やはりパンフレットの方が詳細に書かれていますので、真剣に検討したい方はパンフレットを見てみるべきでしょう。

サンプルテキスト・問題集(教材見本)

テキストと問題集は一冊に合本されています。

テキストの内容は社労士業法の冒頭部分。フルカラーで見やすく、イラストが多いのも勉強内容をイメージしやすいので良いと思います。また、適度に余白があるので、書き込みも問題ありません。

一方の問題集はシンプルな作り。解説の分量はどちらかと言えば少な目なので、学習経験者で「時間は十分にあるから、しっかりとした解説を読み込みたい」という方には物足りない点があるかも知れません。

ぜんぶで50ページほどの冊子になっています。

社労士講座の合格体験記

30ページほどの冊子です。14名の合格者へのインタビューを掲載。

それぞれのインタビューは見開きで掲載されており、いずれもフォーサイト社労士講座の講師との2ショット写真が掲載されていることから、おそらくフォーサイトの社内でインタビューされたのではないでしょうか。

フォーサイトの会社案内

企業理念・社労士講座を含む全講座の合格率・教材作成の流れなどが記載されています。

効率的学習法のパンフレット

「1日のなかで、どのように時間を捻出して学習するか」が記載されています。

その他、「スピード合格を実現するためのヒント」(Tips集)も記載。

「6か月で社労士」(非売品の社労士受験ノウハウ本)

結論から言えば、かなりおトクな非売品書籍です。

200ページ以上ある書籍であり、正直なところ書店で販売されていても違和感がありません。

この書籍があれば、市販の「社労士資格入門」的な本を買う必要はありません。

特に3章~6章の勉強法ノウハウは、これから社労士に挑戦する方に役立つ勉強法ノウハウが充実しています。該当する方は、ぜひ入手してみてください。

サンプルDVD

サンプルDVDには、「サンプルテキスト・問題集(教材見本)」の記載内容に該当する部分の講義が収められています。

私は、自宅のDVDプレーヤーで再生し、大型液晶テレビで再生しましたが、まずは何と言っても映像が凝っています。

講師の背後にテキストを拡大した画像を表示させるなど「今、テキストのどの部分を説明しているのか」が直感的に分かります。

一方で、サンプルDVDの注意書きには、以下のような記載がありました。

「DVD教材は家庭用DVDプレーヤーでの再生を目的として制作しております。パソコン・ゲーム機等による再生・動作の保証およびサポートは行っておりません」

つまり、このサンプルDVDは、資料請求をされた方の環境でDVDが再生できるかをチェックするためでもあるわけですね。

しかし、現在のフォーサイトの講座はインターネット経由によるWeb配信が主流です。DVDが付属する講座は一部のみとなっています(さらに価格も割高です)。

フォーサイトのWeb通信による動画講義の視聴はPC/スマホのどちらにも対応していますし、あらかじめダウンロードしておけばインターネット接続ができない場所でも視聴できますから問題ありません。

ほとんどの方が、Web通信を選ばれることでしょう。

eラーニングシステム「ManaBun(まなぶん)」も使える!

eラーニングシステム「ManaBun(まなぶん)」では、Webやアプリでテキスト・問題集から動画講義までフォーサイト行政書士講座のほとんどの機能が使えるます。

資料請求をすると、この「ManaBun(まなぶん)」が試用できます。

実際にあなたのスマホを利用して、通勤・通学のスキマ時間に「ManaBun(まなぶん)」を使ってみると、「どれぐらい便利・効率的に学習できるか」が実感できると思います。

フォーサイト行政書士講座 資料請求の方法

フォーサイト行政書士講座の資料請求は、わずか数分で完了します。

申し込みページは以下です。

入力するのは、名前・住所・メールアドレスだけ!(電話番号すら入れません)

さらに、申し込み完了と同時に、フォーサイトのeラーニングシステム「ManaBun(まなぶん)」のアカウントも発行されるので、「ManaBun(まなぶん)」はすぐに試すことができますよ。

【まとめ】フォーサイトに資料請求をしてみましょう

以上、実際に私がフォーサイトの講座を資料請求してみた様子を記載しました。

よく「資料請求すると、そのあとの電話営業が面倒」とう話がありますが、フォーサイトではそんなことは一切ありませんでした。

とりあえず、デメリットはないので、社労士講座を真剣に探している方は資料請求をしてみては如何でしょうか。

=>「フォーサイト 社労士 通信講座」の公式ページはこちら

.

 

社労士の通信講座 一覧

<社労士の通信講座 おすすめベスト5>

 

<その他の通信講座>

<大手スクール(通信&通学)>

 

=>社労士の通信講座 おすすめ・比較・ランキングはこちら