教材・講座の口コミ・評判

 TAC 社会保険労務士(社労士)講座 評価・評判・口コミ まとめ!(2020年最新版)

TACの社労士講座

こんにちは、チサトです。

今回は、資格の学校TACの社労士講座について、お伝えします。

TACといえば、誰もが知っている大手資格スクールです。

通学講座・通信講座の両方を展開しており、さらには、市販のテキストも多く販売するなど、資格業界のトップランナーと言える存在です。

そのため、実績などは充分と思いますが、最近増えてきた「通信講座専門学校」に比べると少し価格が高いイメージがありますよね。

そんなTACの社労士講座について、良い評判や口コミ、悪い評判や口コミなども含めてチェックしましたので、読んでみてくださいね。

TACの社会保険労務士(社労士)講座の特徴やおすすめポイント

TACは1980年創立の歴史ある資格の学校です。社会保険労務士(社労士)講座は1986年開講で、30年以上も運営が続いています。

もともとは法律系に強い学校だったとのことですが、ご存知のとおり、今では業界最大手の1つであり、様々な講座を運営しています。

そんなTACの社会保険労務士(社労士)講座の特徴やポイントを見ていきましょう。

2019年度 社会保険労務士試験 TAC本科生合格者数は430名!

まずは、圧倒的な合格者数が目立ちます。さすが、大手資格学校の実績は違いますね。

2019年度の社労士試験全体の合格者は2,525人ですから、なんと全合格者の17%がTACということになります。

TACの社会保険労務士(社労士)講座が長年続いている理由が分かる気がします。

効率的に合格する”ことを追求した戦略的カリキュラム

『働きながら短期合格』を可能にする、初学者も無理なく合格レベルに到達する戦略的カリキュラム。

TACのカリキュラムには、以下の特徴があります。

初期から十分な問題演習量を実現。INPUT+OUTPUTの相乗効果がさらに高まる

TACは、全8回の「実力テスト」とともに、演習用教材として「トレーニング」を用意。基本講義を受けながら、すぐに問題を解いて復習を繰り返すことで(フィードバックトレーニング)、早い段階から知識の定着と弱点の発見・克服ができ、確実に実力が身につきます。

最新の試験傾向を盛り込んだ厳選問題で真の実力が身につく

TACは『本試験に対応できる実践力』を養成するため、レベル・内容ともに厳選した問題をカリキュラム内で提供。最近の個数問題・組合せ問題といった出題形式にも完全対応。受験指導30年を超えるTAC社労士講座が、常に研究し積み重ねてきたノウハウの集大成が伺えます。

最新の試験傾向と法改正に対応するため、毎年改訂を行う TACオリジナル教材

学習レベルやコースに応じた別々の専用教材が学習効果を高める

TACではレベルに応じて、「初学者向け」と「受験経験者向け」で別々に教材を用意しており、習熟度に応じた講義を行っています。 “はじめての人も基礎からわかりやすく”。初学者でも安心して学習することができます。

試験傾向に合わせて毎年改訂。「法改正」もギリギリまで盛り込みます

社労士試験はとりわけ法改正が多いのが特徴です。TACは、最新の試験傾向の分析はもちろん、狙われやすい法改正もギリギリまできちんとテキストに反映します。

教材作成専門のプロ集団が、徹底的に試験傾向を分析します

TACでは教材作成のみに従事する専門の社労士集団を形成し、日々情報収集と試験傾向の分析に努めています。TAC社労士講座は1986年より開講し、30年以上に渡り受験指導を行っています。教材には、長年の英知が結集されていると言えるでしょう。

忙しくても学習を続けられる、安心・充実のフォロー制度

TACでは、働きながらでも学習を続けられるような多彩なフォローを用意しています。

まず、質問対応ですが、教室講義前後の校舎での質問対応はもちろん、メールでも質問できるフォロー体制を整えています。

また、Webフォローにも対応しています。

Webフォローとは、受講中のものと同一コース・同一科目の講義を、Web上でも受講できるフォロー制度です。スマートフォンやタブレット端末にも対応しているので、受講期間中はいつでも・どこでも・何度でも繰り返し視聴することができます。音声ダウンロードも可能です。

さらに、TAC本科生向けの「i-support」では、質問メールの活用のほか、受講生同士で利用できる掲示板や各種テストの成績確認が行えます。

以上のように、TACは大手の学校だけあって、充実したフォロー体制が備わっています。

TACの社会保険労務士(社労士)講座の費用や価格

TACの社会保険労務士(社労士)講座は、選択するコースで費用が変わります。

自分の目的や目標に合わせてカリキュラムを選び、社会保険労務士(社労士)合格への学習を始められます。

ここでは、スタンダードなコースの「総合本科生Wide(2021年合格目標、初学者向け)」の価格をまとめてみました。

<総合本科生Wide>(初学者向け)

  • 教室講座:230,000円(入会金10,000円)
  • Web通信講座:225,000円(入会金10,000円)

上記講座は、教育訓練給付制度の対象となります。

教育訓練給付制度では、一定の条件をクリアして手続きをした方に限り、受講料の20%をハローワークから支給してもらうことができます。

その他、受験経験者割引制度/再受講割引制度/他資格合格者割引制度など、多彩な割引制度が用意されているのがTACの特徴です。

ただ、スタディングやフォーサイトなど、低価格通信講座と比べてしまうと、かなり割高な価格設定です。

そのため、TACの講座に向く方は、大手の資格学校ゆえの充実したカリキュラムや、直接講師に教えてもらえる教室講座に価値を感じる方になるでしょう。

TACのの口コミや評判をまとめてみた

初めてTACを利用する方のために、TACの口コミや評判の情報を紹介していきます。※社労士以外の講座の口コミも含みます。

TACの良い口コミや評価

・DVD講座を何度も見て復習したり、自習室を好きなタイミングで利用できたりと、TACは勉強する環境が整っています。このままTACを継続し、合格に向けて頑張るつもりです。

・テキストが図式でわかりやすかったり、疑問点を質問できる体制が整っていたりするのがTACの良かった部分です。大手のスクールだけあって受講料金はとても高いのですが、無事に試験に合格できましたので満足しています。

・基本テキストとカリキュラムが非常に丁寧に作られている。どの講師が講義をしても、同じレベルになるように設計されている点は、さすがと感じました。

・老舗のサービスなのと今までの合格実績で、資格の学校TACを選びました。

・社会保険労務士(社労士)の勉強は初めてでしたが、先生方の親身なサポートやアドバイスで無事1度の受験で合格できました。TACの先生を信じて学習に取り組むのが合格への近道だと思います。

・口コミの評判が良かったTACの通信講座を利用することに決めました。実務でも活躍しているプロの講師から指導を受けられますので、メキメキと実力が身につきました。

・Webフォロー講座を何度も見て復習したり、自習室を好きなタイミングで利用できたりと、TACは勉強する環境が整っています。

TACの悪い口コミや評価

・TACの授業内容や講師の指導方法にはとても満足しています。流石は大手の学校という感じですが、問い合わせた時のスタッフや職員の対応が雑過ぎてイライラしました。

・勉強すること、覚えることが多すぎると思う。もっと頻出の問題に絞って「合格するためだけの講座」みたいなコースがあれば、仕事しながらでも続けやすいと感じました。

・他の講座と比べてみると、TACはコースの料金が高い気がします。もう少し社会保険労務士(社労士)講座の値段が安くなれば、と思いました。

・普段は別の予備校に通い、社会保険労務士(社労士)の模試だけでTACを利用しました。受講者数が多いのが理由なのか、添削指導がいい加減な印象です。もっと丁寧なサポートが期待できると思っていましたので、ちょっとショックでした。

TAC 社会保険労務士(社労士)講座 管理人の評価・レビュー

ここまで、TACの社会保険労務士(社労士)講座のおすすめポイント、口コミや評判について見てきました。

各分野で活躍するプロの講義や社会保険労務士(社労士)合格を目指した品質の高いオリジナルテキスト、フォローやアドバイスのシステムなどTACは資格対策が充実しています。

しかし、大手学校だけあって、価格の高さが目立ちます。

たとえ費用が高くても、通学講座に毎週出席し、信頼できる講師のライブ講義を視聴できるのであれば、十分価値があると思います。

しかし、通信講座を選ぶ場合は、通学講座のメリットを活かすことができません。

通信講座を選ぶのならば、はるかに安い費用で高品質なサービスを提供している講座もあります。

また、通学講座も、毎回決まった授業に出席できない人には、向きません。

というのも、他の講座へ振り替えたり、Web講座を受講したりしなければならない場合は、代替講座の講師が、自分に合うとは限らないからです。

毎回担当講座に出席できない場合は、それ相応のリスクがあると心得ましょう。

TAC 社会保険労務士(社労士)講座講座の口コミ・評判、レビュー(評価) まとめ

もし、あなたが

  • 合格のためなら費用は問わない
  • 毎回、同じ講座に通学できる(時間的な問題が少ない)

のであれば、TACの通学講座は有望な選択肢となります。

TACの通学講座は、基本テキストの品質やカリキュラムに定評がありますし、また、最大手という安心・安定感もあるからです。

一方で、費用や時間的に制約のある方には、低価格&スキマ時間を有効に使える、スマートフォン対応の通信講座をおすすめします。

あなたの状況に応じて適切な判断をして欲しいと思います。

=>TAC 社会保険労務士(社労士)講座の公式ページはこちら

社労士の通信講座 一覧

<社労士の通信講座 おすすめベスト3>

 

<その他の通信講座>

<大手スクール(通信&通学)>