教材・講座の口コミ・評判

TACの社労士講座 評判・口コミまとめ!【2022年向け最新版】

TACの社労士講座

<人気講座ランキング(上位3社)

第1位 スタディング高品質なのに業界最安価格:46,800円~

第2位 フォーサイト全国平均の3.72倍!、業界最高の合格率

第3位 アガルート全国平均の3.16倍、高い合格率と全額返金サービス

=>社労士の通信講座おすすめ18社の比較・ランキングの記事はこちら 

 

こんにちは、チサトです。

今回は、資格の学校TACの社労士講座について、お伝えします。

TACといえば、誰もが知っている最大手の資格予備校です。

通学講座・通信講座の両方を展開しており、さらには、市販のテキストも多く販売するなど、実績や信頼性は十分ですが、その分、価格も高いイメージがあります。

そんなTACの社労士講座について、良い評判や口コミ、悪い評判や口コミなども含めてチェックしましたので、読んでみてくださいね。

なお、TACとは別の資格スクールになりますが、現在、クレアールが「最速勉強法」のノウハウについて、市販の受験ノウハウ書籍を無料でプレゼントしています。無料【0円】なので、よろしければ、そちらもチェックしてみてください。

<クレアールに資料請求をすると、市販の書籍「非常識合格法」がもらえる【無料】

現在、クレアールの社会保険労務士(社労士)通信講座に資料請求すると、市販の社労士受験ノウハウ本が無料でもらえます。

最新試験情報はもちろんのこと、難関資格の合格を確実にする「最速合格」ノウハウが満載です。

社労士受験ノウハウの書かれた市販の書籍無料【0円】で貰えるのですから、応募しないと勿体ないですよね。

=>クレアール 社労士試験攻略本(市販のノウハウ書籍)プレゼント付き資料請求はこちら

 

TACの社会保険労務士(社労士)講座の特徴は?

TACは1980年創立の歴史ある資格の学校です。全国に直営校22校舎と提携校13校舎の合計35校も展開する、巨大な資格予備校といってよいでしょう。

そのなかで、社会保険労務士(社労士)講座は1986年開講で、30年以上も運営が続いています。

そんなTACの社会保険労務士(社労士)講座の特徴やポイントを見ていきましょう。

2021年度 社会保険労務士試験 TAC本科生合格者数は442名!

2021年度のTAC本科生合格者数は442名。まずは、圧倒的な合格者数が目立ちます。さすが、大手資格学校の実績は違いますね。

また、2011年~2021年 社会保険労務士試験 TAC本科生合格者累計実績は4,971名とのこと。

高い実績を出しているからこそ、TACの社会保険労務士(社労士)講座が長年続いているのでしょう。

TAC社労士講座のカリキュラムのポイントは?

TAC社労士講座のカリキュラムポイントは以下のとおりです。

  • インプットを2段階式にして、初心者でも無理なく力をつけるカリキュラムになっている
  • 実力テスト(全8回)と演習用教材「トレーニング」の強力なアウトプットで確実に知識を定着化させる
  • 最新の試験傾向に沿った問題演習で本物の実力を身に付ける

ボリュームは多いですが、初心者でも確実に合格できるような内容になっています。

長年の経験に最新の出題傾向をプラスして作成した、TACオリジナル教材

TACオリジナル教材のポイントは次のとおりです。

  • 「初学者向け」と「受験経験者向け」の2つにレベル分けした専用教材で、それぞれの方に最適な教材が届く
  • 毎年改訂、さらに法改正をギリギリまで粘って、できるだけ多く反映
  • 教材作成専従の有資格者集団による、質の高い教材

最大手だから安心!充実のフォロー制度

働きながらでも学習を続けられるよう、以下のような多彩なフォローを用意しています。

  • 教室講義前後の校舎での質問対応はもちろん、メールでも質問可能
  • 通学コースで通えない時でも、Web配信で同一授業を受けられる「Webフォロー」
  • 受講生同士で利用できる掲示板や各種テストの成績確認が行える「i-support」(※TAC本科生向け)

TACの社会保険労務士(社労士)講座の費用や価格

TACの社会保険労務士(社労士)講座は、選択するコースで費用が変わります。

自分の目的や目標に合わせてカリキュラムを選び、社会保険労務士(社労士)合格への学習を始められます。

ここでは、スタンダードなコースの「総合本科生(2022年合格目標、初学者向け)」の価格をまとめてみました。

<総合本科生>(初学者向け)【2022/6/30までの早割価格】

  • 教室講座:187,000円(入会金10,000円)
  • Web通信講座:187,000円(入会金10,000円)

上記講座は、教育訓練給付制度の対象となります。

教育訓練給付制度とは、一定の条件を満たした場合に受講料の20%をハローワークから支給してもらう制度です。

その他、受験経験者割引制度/再受講割引制度/他資格合格者割引制度など、多彩な割引制度が用意されているのがTACの特徴です。

ただ、最近主流のオンライン通信講座(他社)では10万円以下のコースも多いため、それに比べるとTACは割高です。

以上より、TACの講座に向く方は、

  • 最大手ならではの充実したカリキュラムを求める人
  • 直接講師に教えてもらえる教室講座を希望する人

と言えるでしょう。

TACのの口コミや評判をまとめてみた

初めてTACを利用する方のために、TACの口コミや評判の情報を紹介していきます。※社労士以外の講座の口コミも含みます。

TACの良い口コミや評価

・DVD講座を何度も見て復習したり、自習室を好きなタイミングで利用できたりと、TACは勉強する環境が整っています。このままTACを継続し、合格に向けて頑張るつもりです。

・テキストが図式でわかりやすかったり、疑問点を質問できる体制が整っていたりするのがTACの良かった部分です。大手のスクールだけあって受講料金はとても高いのですが、無事に試験に合格できましたので満足しています。

・老舗のサービスなのと今までの合格実績で、資格の学校TACを選びました。

・社会保険労務士(社労士)の勉強は初めてでしたが、先生方の親身なサポートやアドバイスで無事1度の受験で合格できました。TACの先生を信じて学習に取り組むのが合格への近道だと思います。

TACの悪い口コミや評価

・TACの授業内容や講師の指導方法にはとても満足しています。流石は大手の学校という感じですが、問い合わせた時のスタッフや職員の対応が雑過ぎてイライラしました。

・勉強すること、覚えることが多すぎると思う。もっと頻出の問題に絞って「合格するためだけの講座」みたいなコースがあれば、仕事しながらでも続けやすいと感じました。

TAC 社会保険労務士(社労士)講座 管理人の評価・レビュー

ここまで、TACの社会保険労務士(社労士)講座のおすすめポイント、口コミや評判について見てきました。

さすが最大手のTACは資格対策が充実していますが、一方で価格の高さが目立ちます。

たとえ費用が高くても、通学講座に毎週出席し、信頼できる講師のライブ講義を視聴できるのであれば、十分価値があると思います。

しかし、通信講座を選ぶ場合は、通学講座のメリットを活かすことができません。

通信講座を選ぶのならば、はるかに安い費用で高品質なサービスを提供している講座もあります。

また、通学講座も、毎回決まった授業に出席できない人には、向きません。毎回担当講座に出席できない場合は、それ相応のリスクがあると心得ましょう。

低価格を求める方は、スマホ動画対応オンライン通信講座を検討する

価格が気になる方は、コストパフォーマンスの高いスマホ動画対応の通信講座である「スタディング」や「フォーサイト」なども検討してみてください。

スタディング社労士講座の評判・口コミ
スタディング社労士講座で合格できる?評判・口コミやデメリットも解説! <人気講座ランキング(上位3社)> 第1位 スタディング:高品質なのに業界最安価格:46,800円~ 第2位 フォー...

 

フォーサイト社労士講座の評判・口コミ
フォーサイト社労士講座の評判・口コミを合格者が徹底分析!【2022年版】 こんにちは、チサトです。 この記事では、フォーサイト(foresight)の社労士通信講座について、お伝えします。...

 

TAC 社会保険労務士(社労士)講座講座の口コミ・評判、レビュー(評価) まとめ

もし、あなたが

  • 合格のためなら、お金はいくらでも使える
  • 毎回、休むことなく講座に通学できる

のであれば、TACの通学講座は理想的な環境でしょう。

TACの通学講座は、基本テキストの品質やカリキュラムに定評がありますし、また、最大手という安心・安定感もあるからです。

一方で、費用や時間的に制約のある方には、低価格&スキマ時間を有効に使える、スマートフォン対応の通信講座がおすすめです。

あなたの状況に応じて適切な判断をして欲しいと思います。

=>TAC 社会保険労務士(社労士)講座の公式ページはこちら

社労士の通信講座 一覧

<社労士の通信講座 おすすめベスト5>

 

<その他の通信講座>

<大手スクール(通信&通学)>

 

=>社労士の通信講座 おすすめ・比較・ランキングはこちら

社労士の試験制度や試験対策・勉強法などは、下記も参考にしてください。

試験制度や試験対策・勉強法 記事一覧

<試験制度 総合>

<データや統計など>

<試験対策・勉強法(総合)>

<おすすめテキスト・問題集など>

<科目別 試験対策・勉強法>