社労士試験

社労士のおすすめの勉強法!

社労士 おすすめ勉強法

社会保険労務士(社労士)のおすすめの勉強法をまとめてみた

社会保険労務士(社労士)は他の士業と比較してみると、合格率の低い国家資格です。

難関の資格に合格するには、自分に合う勉強法で学習を進めていかないといけません。

自分に合う社会保険労務士(社労士)の勉強法を見極め、継続的に学習を続けるのが合格のために必須ですね。

人よりも明らかに勉強時間が短くても、社会保険労務士(社労士)に合格している人はいます。

逆に言えば、2,000時間も3,000時間も費やしても社会保険労務士(社労士)に合格できない人はいるでしょう。

この差は、日々の勉強法が大きく関わっていると言っても過言ではありません。

以下では社会保険労務士(社労士)のおすすめの勉強法を紹介していますので、何をすれば良いのかわからない方は参考にしてみてください。

なお、社労士試験の「最速勉強法」のノウハウについて、現在、資格スクールのクレアールが、市販の受験ノウハウ書籍を無料でプレゼントしています。無料【0円】なので、よろしければ、そちらもチェックしてみてください。

<クレアールに資料請求をすると、市販の書籍「非常識合格法」がもらえる【無料】

現在、クレアールの社会保険労務士(社労士)通信講座に資料請求すると、市販の社労士受験ノウハウ本が無料でもらえます。

最新試験情報はもちろんのこと、難関資格の合格を確実にする「最速合格」ノウハウが満載です。

社労士受験ノウハウの書かれた市販の書籍無料【0円】で貰えるのですから、応募しないと勿体ないですよね。

=>クレアール 社労士試験攻略本(市販のノウハウ書籍)プレゼント付き資料請求はこちら

まずはどの勉強法が自分に合っているのか考える

社会保険労務士(社労士)の試験対策に取り組む前に、まずはどの勉強法が自分に合っているのか考えるべきです。

他の資格試験にも該当しますが、社会保険労務士(社労士)の勉強法は「独学」「スクールへの通学」「通信講座の利用」の3つに大きくわけられます。

それぞれのやり方でメリットとデメリットに違いがありますので、簡単に見ていきましょう。

<独学で社会保険労務士(社労士)の合格を目指す>

メリット:「テキストや問題集を買うだけで良いので金銭的な負担が少ない」「誰にも邪魔されずにマイペースで学習できる」「自分の好きな教材を組み合わせて勉強を進められる」

デメリット:「自分でスケジュールやカリキュラムを決める必要がある」「専門の講師の講義を受けたり質問したりできない」「法改正など最新の情報が入ってくるまで遅い」

<スクールへの通学で社会保険労務士(社労士)の合格を目指す>

メリット:「今までに培ってきたノウハウを提供してくれる」「講師による講義を直接受けられる」「やる気やモチベーションを高めて学習を継続できる」

デメリット:「仕事をしながらスクールに通学するのは大変」「受講料が高額で金銭的な負担が大きい」「自宅での予習や復習が疎かになりやすい」

<通信講座で社会保険労務士(社労士)の合格を目指す>

メリット:「わかりやすい動画講義で試験対策ができる」「パソコンやスマホがあれば好きな場所で好きなタイミングで学習できる」「予備校への通学と比べると費用が安く済む」

デメリット:「独学と比べると初期投資がかかってしまう」「講師に質問をしてもリアルタイムで回答が返ってこない」「結局は一人での学習なので挫折することもある」

それぞれの方法で良い部分と悪い部分の両方があります。

例えば、誰かに強制されずに学習を進めたいのであれば独学、仕事が忙しくて勉強時間の確保が難しいなら社会保険労務士(社労士)の通信講座がおすすめです。

トータルでかかる費用にも大きな違いがありますので、どの方法で社会保険労務士(社労士)の試験勉強を行うのが良いのか考えてみてください。

スケジュール表やノートを作成する

社会保険労務士(社労士)の試験に合格するまでの勉強時間は、独学で1,000時間が目安です。

スクールへの通学や通信講座ではもう少し短い時間で済みますが、長い期間がかかる点では変わりありません。

仕事をしている社会人は限られた時間を社会保険労務士(社労士)の勉強に費やす必要がありますので、日々やることのスケジュール表やノートを作成すべきです。

最初にスケジュール表やノートを作成して勉強の流れを押さえておくと、試験日までにやるべきノルマが見えてきます。

もちろん、最初に決めたスケジュール通りに勉強が進まないことも多いため、土日や休日の勉強時間を増やして調整していきましょう。

ボリュームが少なくて予定以上に勉強が進んだ時は、積極的に前倒しで学習してスケジュールを組み替えればOKです。

テキストや参考書を読み込んで基礎を理解する

社会保険労務士(社労士)の試験範囲はとても広く、次の10科目を全てこなす必要があります。

全科目合計で7割近くは得点しないといけませんし、科目ごとでも足切りがあります。

そのため、まずは社会保険労務士(社労士)のテキストや参考書をしっかりと読み込み、基礎知識を理解することから始めましょう。

通信講座を利用している方は、テキストに合わせて社会保険労務士(社労士)の動画講義を聞いて理解度を深めていきます(スマホだけで完結するものもあります)。

社会保険労務士(社労士)に限らず、資格の勉強でアウトプットを優先している方は少なくありません。

問題集の繰り返しは重要ですが、問題を解くのはテキストや参考書を一通り読んでから行うべきですよ。

断片をつなぎ合わせた知識は脆弱ですので、芯のある知識を構築するに当たって「読みやすい」「わかりやすい」というテキストが欠かせません。

社会保険労務士(社労士)の試験勉強でおすすめのテキストや参考書は、こちらのページで紹介していますので参考にしてみてください。

社労士 おすすめテキスト
社労士の独学用テキスト ~独学におすすめのテキストや参考書社会保険労務士(社労士)の試験勉強で使うテキストや参考書の選び方 社会保険労務士(社労士)の試験対策を行うに当たり、テキストや参考書は...

科目の勉強の順番を意識する

社会保険労務士(社労士)の試験科目は、下記のように勉強の順番を意識してみるべきです。

  • 関連性のある科目を続けて学習する
  • 苦手科目を早めに攻略する
  • 重要性の低い科目や暗記比重の重い科目は後ろに回す

例えば、国民年金法と厚生年金保険法は二階建て年金制度になっているため、共通している部分が多くなります。

労働者災害補償保険法と健康保険法は原因が異なるだけで中身は共通している部分が多いので、続けて学習した方が理解度を深められる科目です。

中でも「労務管理その他労働に関する一般常識」は難易度が高く、毎年何が出題されるのか予想がつきません。

かと言って基準点の足切り対策も重要ですので、予備校や通信講座の予想問題集を有効活用すべきです。

過去問で頻出論点や出題傾向を掴む

社会保険労務士(社労士)の試験を攻略するに当たり、過去問は欠かせないアイテムです。

基礎力なくして社会保険労務士(社労士)の試験は突破できませんので、「テキストや参考書で基礎固めする」⇒「問題集をひたすら解く」という繰り返しを意識しましょう。

社会保険労務士(社労士)の本番の試験では、次の問題が出題される傾向があります。

  • 過去から出題された角度を変えた類似問題
  • 以前と同じような焼きまわし問題

科目や単元によっては、毎年のように焼きまわしされている問題も少なくありません。

過去問を使えば社会保険労務士(社労士)の試験の頻出論点や出題傾向を掴むことができますので、合格基準点に達するために必要な存在ですね。

しかし、1科目だけでも何百ページ・何百問と量が多いため、全科目全問をこなすのは現実的ではありません。

仕事をしながら社会保険労務士(社労士)の合格を目指す方は勉強時間が限られていますので、頻出事項や重要論点を中心に過去問を解いていくのがベターです。

五肢択一形式の過去問ではなく科目ごとにわけられている一問一答形式の過去問を使うと、分野別や単元別の勉強を効率良く進められます。

社会保険労務士(社労士)の試験で過去問対策がおすすめの理由と、過去問の選び方についてはこちらのページをご覧になってください。

社労士の過去問の使い方
社労士の過去問 ~試験対策に過去問が必須な理由!過去問を使って社会保険労務士(社労士)の試験対策を行うべき理由はこれだ! 社会保険労務士(社労士)の試験勉強を行うに当たり、基本テキス...

反復学習を心掛ける

参考書を読み込むにしても問題集をひたすら解くにしても、反復学習を心掛けるのは社会保険労務士(社労士)の効果的な勉強法です。

わからない部分をそのまま放置するのではなく、重要な科目を中心に理解度を深めることで合格に近付きます。

具体的に社会保険労務士(社労士)の試験勉強でどうやって反復学習をすれば良いのか見ていきましょう。

  • 解けなかった過去問は解説を読むとともに参考書に戻って復習する
  • 学習範囲や押さえるべきポイントを把握して記憶への定着を図る
  • 全科目の学習が一通り終わったら周回学習をして満遍なく反復する

最初に勉強した科目は一通り終わった段階で前の知識になっていますので、忘れている部分も少なからず出てきます。

リピート学習によって少しずつ記憶に定着していくため、「まずはXヵ月間で全科目を回す」「次は前回の半分の時間で全科目を回す」とスパンを短くするのがコツです。

模擬試験を受験する

社会保険労務士(社労士)の本番の試験は、毎年8月の最終日曜日です。

4月から6月にかけての時期は、基礎固めから問題演習に勉強内容を切り替えていきます。

7月を過ぎた辺りからは、社会保険労務士(社労士)の模擬試験を積極的に受けましょう。

資格の大原やTACなどの大手のスクールでは、社会保険労務士(社労士)の模試が実施されています。

社会保険労務士(社労士)の勉強法の中でも模擬試験は次の3つの理由で必須ですよ。

  • 他の受験生が受けている中で過度に緊張せずに試験に臨む練習ができる
  • 「この科目は○○分をかけて解く」という時間配分の訓練に繋がる
  • 合格を左右する選択式試験の問題が本試験でも出題されることがある
  • 自分では考えもしなかった不得意な部分や科目が見つかりやすい

何回とは決まっていませんが、社会保険労務士(社労士)の模擬試験は2回の受験をおすすめします。

1回目の模擬試験で時間配分や解く順番の練習を行い、ダメな部分を軌道修正して2回目の模擬試験は本番モードで臨みましょう。

まとめ

社会保険労務士(社労士)のおすすめの勉強法についておわかり頂けましたか?

参考書を読み込んだり問題集を解いたりと基本的な事柄について説明しましたが、社会保険労務士(社労士)の試験に合格するためには欠かせないポイントです。

しかし、試験勉強を進める中でやる気やモチベーションが下がることがありますので、次の対策を行ってみましょう。

  • なぜ社会保険労務士(社労士)の合格を目指すのか目的を再確認する
  • 時には自分を褒めてあげる
  • 資格を取得した後に活躍する自分を想像する

社会保険労務士(社労士)の試験勉強は長丁場になりやすいので、長く学習を継続する努力をしてみてください。

社労士の試験制度や試験対策・勉強法などは、下記も参考にしてください。

試験制度や試験対策・勉強法 記事一覧

<試験制度 総合>

<データや統計など>

<試験対策・勉強法(総合)>

<おすすめテキスト・問題集など>

<科目別 試験対策・勉強法>