教材・講座の口コミ・評判

大原の社労士講座!口コミや評判・評価まとめ!

大原の社労士講座

こんにちは、チサトです。

今回は、CMでもおなじみ、「資格の大原」の社会保険労務士(社労士)講座について、お伝えします。

大原と言えば、TAC、LECに並ぶ大手資格スクール。

その歴史は古く、1957年に大原簿記学校を開講し、その名のとおり簿記・公認会計士・税理士などの簿記・会計分野が強みです。

社会保険労務士(社労士)は法律系の資格なので、簿記・会計が強い大原の得意分野は少し違うような気もしますが、その実情はどうなのでしょうか?

興味のある方、チェックしてみてくださいね。

なお、大原とは別の資格スクールになりますが、現在、クレアールが「最速勉強法」のノウハウについて、市販の受験ノウハウ書籍を無料でプレゼントしています。無料【0円】なので、よろしければ、そちらもチェックしてみてください。

<クレアールに資料請求をすると、市販の書籍「非常識合格法」がもらえる【無料】

現在、クレアールの社会保険労務士(社労士)通信講座に資料請求すると、市販の社労士受験ノウハウ本が無料でもらえます。

最新試験情報はもちろんのこと、難関資格の合格を確実にする「最速合格」ノウハウが満載です。

社労士受験ノウハウの書かれた市販の書籍無料【0円】で貰えるのですから、応募しないと勿体ないですよね。

=>クレアール 社労士試験攻略本(市販のノウハウ書籍)プレゼント付き資料請求はこちら

 

大原 社会保険労務士(社労士)講座のポイント

2011年度~2018年度 大原の受講生 社会保険労務士(社労士)試験の合格者2,963名

大原では、受講生の合格率などは公開していません。

その代わり、2011年~2018年までの、大原の社会保険労務士(社労士)講座 受講生の合格実績累計数を発表しています。

その数、なんと2,963名。1年あたり平均370名の合格者を輩出している計算です。

このあたりは、さすが大手資格スクール、といったところですね。

2019年は351名

速報値ですが、2019年の大原生の合格者は351名だそうです。相変わらずの大原の強さ、と言ったところでしょうか。

合格に必要な内容に絞った、毎年改定する教材

大原オリジナル教材は、大原の講師陣がその能力を集結させ開発されています。質・量ともにバランスの取れた「テキスト」と多くの受験生から支持される「トレーニング問題集」等で受験に向けた学習も安心です。

また、カリキュラムも自然と得点力が身につくようにプログラムされており、初学者でも十分に合格を狙えるように設計されています。

大手資格スクールならではの、手厚いサポート

大原の質問サポートは、メール/FAX/郵送などの一般的な方法に加え、電話による質問も受け付けています。

また、近隣の校舎に来校して講師に直接質問することもできます。

以上のような形式で、回数無制限の質問が可能となっています。

その他、各校舎の自習室も無制限に利用可能など、さすが大手資格スクールならではの手厚いサポートを実現しています。

大原 社会保険労務士(社労士)講座 コースの種類と価格

大原の社会保険労務士(社労士)講座は、大手スクールだけあり、様々なコースがあります。

ここでは、初学者向けと経験者向けの代表的なコースを各1つずつ、および、コストパフォーマンスに優れたコースを1つ、計3つのコースを紹介しましょう。

初学者向けコース「2021年受験対策社労士合格コース」

社労士試験合格のためのスタンダードなコースです。各科目の確認テストや模擬試験の実施タイミングなど洗練されたカリキュラムで、万全な体制で本試験に臨むことができます。

  • 教室通学:180,000円(税込)
  • 映像通学:180,000円(税込)
  • Web通信:175,000円(税込)
  • DVD通信:200,000円(税込)

経験者向けコース「2021年受験対策社労士経験者合格コース」

本試験合格発表後の11月から学習スタートできる「受験経験者の方」に最適なコースです。自学自習をしやすい洗練されたカリキュラムとなっており、万全な態勢で本試験に臨むことができます。

  • 教室通学:180,000円(税込)
  • 映像通学:180,000円(税込)
  • Web通信:175,000円(税込)
  • DVD通信:200,000円(税込)

「社労士24」(コストパフォーマンス重視版)(2021年合格目標)

全科目のインプット講義が24時間で完了。1テーマ約3~15分。合計24時間の内容で、社会保険労務士(社労士)試験の内容をカバーします。

Web通信専用のコースであり、仕事の合間に、移動時間、家事の合間など、スキマ時間を活用できるコースになります。

おそらく、スタディングやフォーサイトなど、コストパフォーマンスが高いスマホ動画対応通信講座の対抗商品だろうと、管理人は考えています。

  • Web通信:79,800円(税込)

各種割引制度

「直前パック」「社労士24」のコースをのぞき、大原のコースの多くが20万円以上と高額になっています。

しかし、以下のような割引制度が用意されているので、大原の受講を考える方は、自身に適用できないか、確認してみてください。

※「社労士24」は、大学生協等割引のみ対象です。また、複数の割引を同時に適用することはできません。

再受講割引 30%OFF

過去に大原のコースを受講された方が、再度受講されるケースに適用される割引です。

再受験割引 20%OFF

前年度の社会保険労務士(社労士)試験に受験された方が、本年度の大原のコースを受講される場合に適用される割引です。

大学生協等割引 5%OFF

大原グループと提携している大学生協等で手続きをした場合に適用される割引です。

大原の評判・口コミ

大原の口コミ・評判は以下のとおりです(社労士以外の講座も含みます)。

・講師は良いと思う。熱心にやってくれるし。ただし、教材の質は他社と比べて微妙な気がします。

・大原で受かりました。ここ悪くないと思いますが、ちょっとマイナーですよね。

・講師の講義は分かりやすかったです。熱心にやってくれました。ただし、講師によってスキルにバラつきがあると思います。

・やはり簿記がメインの学校のようで、社会保険労務士(社労士)コースは、大原の中では主要ではない感じがしました。

・テキストが白黒だったのが残念だった。

・大手だから仕方ないけど、やはり価格が高い。その分、「絶対合格する!」と気合も入ったけど

・映像講座は、実際の講義を録画しただけ。専用スタジオで収録した他社のスマホ動画対応通信講座よりは、分かりにくい

まとめ ~管理人チサトの評価

ここまで、大手資格スクール大原の社会保険労務士(社労士)講座の内容をみてきました。

ポイントをまとめると、以下のとおりです。

  • 講師は熱心で、講義は分かりやすい
  • サポートも充実している
  • 受講料はかなり高い(一部コースを除いて)
  • テキストがモノクロなど、受講を検討する際には、自分に合うかどうか、事前にチェックした方がよい

以上を踏まえて、管理人トモとしては、大原をおすすめできるのは、以下のような方だと考えます。

  • 通学可能で、徹底サポートを望む方(通信はおすすめしない)
  • 受講料は高くてもよいので、分かりやすい講義を望む方

決して安い買い物ではありませんし、通学であれば約1年間通うことになりますから、きちんと事前にチェックをして、後悔しない講座選びをしてほしいと思います。

=>大原 社会保険労務士(社労士)講座の公式ページはこちら

社労士の通信講座 一覧

<社労士の通信講座 おすすめベスト3>

 

<その他の通信講座>

<大手スクール(通信&通学)>

社労士の試験制度や試験対策・勉強法などは、下記も参考にしてください。

試験制度や試験対策・勉強法 記事一覧

<試験制度 総合>

<データや統計など>

<試験対策・勉強法(総合)>

<おすすめテキスト・問題集など>

<科目別 試験対策・勉強法>