フォーサイト

【バリューセットどれ?】フォーサイト社労士講座はバリューセット3を選ぶべき【合格者が断言】

フォーサイト社労士講座 バリューセット3 梱包物一覧

フォーサイトの社労士講座は、本サイトでも人気の講座です。

とはいえ、実際に社労士講座を選ぶ際には、

「本当に、フォーサイトが自分に合っているのだろうか?」

と不安になったり、悩んだりしますよね。

特にフォーサイトの場合、あまり自社で広告宣伝をしないので、その実力が「秘密のベールに包まれている」みたいなところもあります(汗)

また、フォーサイト社労士講座には様々なコースがあるのですが、

「一体どのコースを選んだほうがよいのか分からない」

という方も多いでしょう。

以上のようなことから、この記事では、

  • フォーサイト社労士講座で選ぶべきコースとその理由
  • 実際にフォーサイト社労士講座のバリューセット3を購入して、使ってみた感想を忖度なしに徹底レビュー

上記について書いていきます。

なお、この記事を読んで頂きたいのは、次のような方です。

  • フォーサイトを受講したいと思っているが、どのコースを選んで良いか分からない方
  • フォーサイトが気になっているが「実際どうなの?」と思っている方

該当する方にとって、非常に有益な内容になっていますので、是非チェックしてみてくださいね。

=>まずは「フォーサイト 社労士講座」の公式ページをチェックしたい方はこちら

.
フォーサイト社労士講座の評判・口コミや概要を知りたい方は、こちらの記事もチェックしてみてください。

画像出典:フォーサイト 社労士通信講座
フォーサイト社労士講座の評判・口コミを合格者が徹底分析!【2022年版】【画像出典】フォーサイト公式 こんにちは、チサトです。 この記事では、フォーサイト(foresight)の社...

 

フォーサイト社労士講座で選ぶべきは『バリューセット3』

まず結論から言えば、フォーサイト社労士講座で選ぶべきは

  • 「バリューセット3一択」

というのが私の考えです。

ただし、「予算が許すならば」という条件が入ります。バリューセット3は最上位のセットメニューなので、当然ながら予算が無ければ購入できませんよね。

その場合は、予算が許す範囲で「バリューセット2」または「バリューセット1」を検討してください。

つづいて「なぜバリューセット3」なのか・・・?という点ですが、それを説明する前に

  • フォーサイト社労士講座の全体像
  • その中でのバリューセット3の位置づけ

以上2点を抑えておく必要があります。次項で、それらを確認していきましょう。

フォーサイト社労士講座の全体像とバリューセット3の位置付け

「そもそもバリューセット3って、どんなセットなの? ポテトは付いてくるの?」

という疑問をお持ちの方も多いでしょう。

フォーサイト社労士講座の全体像とバリューセット3の位置づけは以下のとおりです。

フォーサイト社労士講座の全体像

フォーサイトの社労士通信講座には、以下のようなコースがあります。

  • 単科講座 基礎講座: 57,800円(税込、送料別)
  • 単科講座 過去問講座: 57,800円(税込、送料別)
  • 直前対策講座(法改正対策・白書/統計対策・横断まとめ・選択対策・択一対策)セット: 49,800円(税込、送料別)
  • 模擬試験(模試)講座:10,800円(税込、送料別)
  • 直前集中応援セット(模擬試験講座+直前対策講座):54,800円(税込、送料別)
  • バリューセット1(基礎+過去問講座)セット:価格76,800円(税込、送料別)
  • バリューセット2(基礎+過去問+直前対策講座)セット:価格107,800円(税込、送料別)
  • バリューセット3(基礎+過去問+直前対策+過去問一問一答演習)セット:価格118,800円(税込、送料別)※全額返金保証有り

※価格(料金)は時期により変動することがあります。購入前に公式サイトで確認をしてください。

単科講座の方が安いですが、受験対策としては、少なくとも基礎講座と過去問講座がないと話になりませんので、実質的にバリューセットを選ぶ必要があります。

上記のとおり、バリューセットには1~3までありますが、その中でもバリューセット3は最上位のフルスペックコースの位置づけとなります。

フォーサイト社労士講座バリューセット3の概要

バリューセット3の教材内容は、以下のとおりです。

基礎講座

  • テキスト 10冊

過去問講座

  • 問題集 10冊
  • 模擬試験
  • 予想問題集
  • 演習ノート

eラーニング ManaBun

デジタルテキスト・講義動画+音声(ストリーミング・ダウンロード)・eライブスタディ・学習スケジュール・確認テスト・チェックテストなど

補足資料・副教材

  • 受講ガイド
  • 戦略立案編
  • 合格必勝編
  • 入門講座 テキスト(社労士の実務を例にしながら、学習内容の全体像を把握できる)
  • 労働経済白書のポイント
  • 厚生労働白書のポイント
  • 法改正情報
  • 合格カード
  • 社会保険労務士マンガ
  • 合格体験記
  • 無料メール質問 (バリューセット1は10回、同2は15回、同3は20回まで)

直前対策講座

  • テキスト 5冊

過去問 一問一答演習【eラーニング内】

一問一答形式の過去問演習により、選択肢の組合せの運に左右されない、本物の問題解答力を身につけることができます。解答データから苦手な問題が洗い出され、より効率的に学習することもできます。

バリューセット3は「全額返金保証制度」に対応!~もしも不合格なら、受講料を全額返金

バリューセット3は全額返金保証制度が適用されます。

「バリューセット3で実際に学習を進め、フォーサイトの規定を満たしたにもかかわらず、試験に合格できかった場合、全額返金」となります。

ただし、フォーサイトの規定を確認したところ、かなりハードルが高い(返金の条件が厳しい)です。

※講座内の学力テストで一定の点数をクリアするなど。

そのため、全額返金保証は

徹底的に勉強して、「合格間違いなし」と思われた人が、万が一、不合格だった時の保険

のような制度、と考えたほうがよいでしょう。

あくまで合格を目標に切磋琢磨された方への救済制度の位置づけであり、「不合格者」になった全ての方に全額返金される訳ではありませんので、注意が必要です。

フォーサイト社労士講座バリューセット3の「全額返金保証制度」について詳しくは、下記の記事をチェックしてください。

フォーサイト社労士講座 全額返金保証制度
フォーサイト社労士講座「全額返金保証制度」とは?その秘密に迫る!【画像出典】フォーサイト公式 こんにちは、チサトです。 今回は、通信教育会社フォーサイト(foresight...

 

なぜバリューセット3を選ぶべきなのか、その理由とは・・・?

前述のとおり、フォーサイト社労士講座を選ぶならば、選択肢はバリューセット1~3のいずれかしかありません。

なぜなら、試験に合格するためには「基礎講座+過去問講座」が含まれていることが最低条件であり、それぞれの単科講座を買うよりバリューセット1の方がお得だからです。

以下、もう一度バリューセット1~3の内容を見てみましょう。

  • バリューセット1(基礎+過去問講座)セット:価格76,800円(税込、送料別)
  • バリューセット2(基礎+過去問+直前対策講座)セット:価格107,800円(税込、送料別)
  • バリューセット3(基礎+過去問+直前対策+過去問一問一答演習)セット:価格118,800円(税込、送料別)※全額返金保証有り

ここから言えるのは

  • どうしても予算がなければバリューセット1を選ぶ(※バリューセット1を選ぶ予讃がなければ、むしろフォーサイトは止めた方がよい)
  • 予算があるなら、直前対策は付けた方が良い
  • バリューセット2とバリューセット3はいずれも直前対策が付属するが、価格差は約1万円しかない。
  • 約1万円の差で、バリューセット3には「過去問一問一答」と「全額返金制度」が付いてくる。

ということ。

簡単にいえば「バリューセット3は合格に必要な機能が充実しており、なおかつコストパフォーマンスも抜群」ということです。

以上が管理人の考え方となりますので、ぜひ参考にして頂き、あなたに合ったフォーサイト社労士講座のコースを選んで欲しいと思います。

フォーサイト社労士講座 バリューセット3を実際にレビュー!

それでは本題。社労士試験合格者の管理人が、フォーサイト社労士講座のバリューセット3を実際に受講したレビューをお伝えしていきます。

フォーサイト社労士講座 バリューセット3 最初に届いた段ボール箱!

フォーサイト社労士講座 バリューセット3 最初に届いた段ボール箱!フォーサイト社労士講座 バリューセット3 最初に届いた段ボール箱!

かなりずっしりと教材が詰まっている感じでした。

家の体重計で計測したら、約5.4㎏でした。ただ、重量は註文時期によって変わると思われます(受講開始が遅いと、後から発送するテキストも同梱されるため)。

フォーサイト社労士講座 バリューセット3 開封の儀!

フォーサイト社労士講座 バリューセット3 開封の儀!フォーサイト社労士講座 バリューセット3 開封の儀!

段ボール箱を開封すると、こんな感じです。

フォーサイト社労士講座 バリューセット3 梱包物一覧

フォーサイト社労士講座 バリューセット3 梱包物一覧フォーサイト社労士講座 バリューセット3 梱包物一覧

段ボール箱に入っていた物を取り出し、並べてみるとこんな感じです。

フォーサイト社労士講座 バリューセット3 「受講ガイド」

受講ガイド受講ガイド

個別の教材を見ていきましょう。まずは、最初に読むべき副教材「受講ガイド」です。

受講ガイドの目次j受講ガイドの目次

受講ガイドの目次は「カリキュラム」「サポート」「その他」から構成されています。

「過去問講座」の学習方法「過去問講座」の学習方法

カリキュラムのうち、「過去問講座」の学習方法のページです。学習の仕方が詳しく説明されています。

なお、受講ガイドの内容は講義動画でも視聴できますよ。1倍速で23分程ですが、1.5倍速や2倍速でスピーディーな視聴も可能です。

フォーサイト社労士講座 バリューセット3 「戦略立案編」と「合格必勝編」

続いてご紹介するのは「戦略立案編」と「合格必勝編」の教材。「戦略立案編」は受講を始める前、「合格必勝編」は試験直前に読みます。

「戦略立案編」

戦略立案編 目次戦略立案編 目次

戦略立案編の目次は画像のとおり

  • 学習法:準備段階編
  • 学習法:実践編
  • メンタル管理
  • 学習の土台

の4章から構成されています。

戦略立案編 目標管理戦略立案編 目標管理

目標を達成するために重要な秘訣が「その1」~「その6」まで具体的に書かれています。これは社労士試験ではなくとも有益な情報なので、いろんなことに使えそうです。

戦略立案編 ストレス管理戦略立案編 ストレス管理

ストレスをコントロールする方法が具体的に書かれています。その他にも

  • モチベーション管理
  • 集中力の維持
  • 睡眠・運動・食事・疲労回復の重要性と方法

など、「こんなことまで書くんだ!」と受講生のほうが驚くようなことまで説明してくれています。

「何が何でも合格させたい」というフォーサイトの強い意志を感じました。

「合格必勝編」

「合格必勝編」はじめに・目次「合格必勝編」はじめに・目次

つづいて「合格必勝編」。こちらは試験本番直前期に読む教材です。目次を見ると分かる通り、直前一か月前から前日・当日朝・会場着いたらするべきことなど、細かくアドバイスをしてくれます。

「合格必勝編」本試験直前、実力アップ作戦「合格必勝編」本試験直前、実力アップ作戦

直前期の勉強時間の増やし方などを、かなり細かく教えてくれています。

「合格必勝編」本試験当日の朝の過ごし方「合格必勝編」本試験当日の朝の過ごし方

試験本番で実力を出し切れるために、当日の朝すべきことを解説しています。

フォーサイト社労士講座 バリューセット3 「入門講座」

社労士試験の膨大な出題範囲の全体像を把握するため、最初に学習する講座です。

フォーサイト社労士講座 バリューセット3 「入門講座」フォーサイト社労士講座 バリューセット3 「入門講座」
フォーサイト社労士講座 バリューセット3 「入門講座」目次フォーサイト社労士講座 バリューセット3 「入門講座」目次
フォーサイト社労士講座 バリューセット3 「入門講座」本文フォーサイト社労士講座 バリューセット3 「入門講座」本文

 

フォーサイト社労士講座 バリューセット3 演習ノート

過去問の五肢択一問題を解く際に利用するノートです。各選択肢を1つずつ詳細に検討し、その内容を演習ノートに書いていきます。バリューセット3には演習ノートが4冊ついています(不足分はManaBunから追加購入可能)。

フォーサイト社労士講座 バリューセット3 演習ノート 表紙フォーサイト社労士講座 バリューセット3 演習ノート 表紙
フォーサイト社労士講座 バリューセット3 演習ノート 内容フォーサイト社労士講座 バリューセット3 演習ノート 内容

 

フォーサイト社労士講座 バリューセット3 合格カード

携帯に便利な暗記カード。スマホアプリでも一問一答は出来ますが、一番手軽なのは昔からのカード形式かも知れませんね。

フォーサイト社労士講座 バリューセット3 合格カードフォーサイト社労士講座 バリューセット3 合格カード

 

フォーサイト社労士講座 バリューセット3 合格手帳

「全体計画の策定」→「一ヶ月の計画の策定」→「週間計画の策定」→「1日の計画の策定」と詳細に落とし込める手帳です。

フォーサイト社労士講座 バリューセット3 合格手帳フォーサイト社労士講座 バリューセット3 合格手帳

 

合格手帳の中身合格手帳の中身

※本レビューは随時更新します!

.
=>「フォーサイト 社労士 通信講座」の公式ページはこちら

 

社労士の通信講座 一覧

<社労士の通信講座 おすすめベスト5>

 

<その他の通信講座>

<大手スクール(通信&通学)>

 

=>社労士の通信講座 おすすめ・比較・ランキングはこちら

この記事の監修者
氏名 西俊明
保有資格 中小企業診断士 , 宅地建物取引士 , 2級FP技能士
所属 合同会社ライトサポートアンドコミュニケーション