フォーサイト

【2022年6月最新版】フォーサイト社労士の安い時期はいつ?価格・クーポン・キャンペーン・割引情報!

フォーサイト社労士キャンペーン

こんにちは、チサトです。

この記事では、フォーサイト社労士講座の価格やキャンペーン情報をまとめています。

フォーサイトといえば、

  • 30年以上の実績を持つ老舗の資格の通信スクール
  • これまで累計34万以上の受講生を輩出
  • スマホ対応動画講義、フルカラーテキスト、先進のEラーニングシステムなど充実した学習内容

などの特長があり、当サイトでも1,2位を争う人気の行政書士講座です。

とは言え、どんなに人気で充実した講座でも、どうせ受講するなら、できるだけお得に受講したいですよね。

そんな方に役立つ情報を掲載していきますので、フォーサイトに興味のある方、チェックしてくださいね。

この記事は、随時更新します!

なお、フォーサイト社労士講座の口コミ・評判を知りたい方は、以下の記事でチェックしてください。

フォーサイト社労士講座の評判・口コミ
フォーサイト社労士講座の評判・口コミ!本当に合格できるのかメリットやデメリットも解説! こんにちは、チサトです。 この記事では、フォーサイト(foresight)の社労士通信講座について、お伝えします。...

 

フォーサイト社労士の安い時期はいつ?

まず、フォーサイトが1年間を通じて実施するキャンペーンの時期を見ていきましょう。

全講座キャンペーン 1月・4月・9月
本試験お疲れ様キャンペーン 各資格試験の終了直後
チャレンジキャンペーン 各資格試験の合格発表後

以上のとおり、例年、フォーサイトでは大きく3種類のキャンペーンを実施しています。

ただし、これらは過去の実績ですので、今後は変更が入ることも考えられます。その点だけご了承ください。

=>「フォーサイト 社労士 通信講座」の公式ページはこちら

.

続いて、これらのキャンペーンの詳細をチェックしていきましょう。

全講座キャンペーン

例年、資格講座の申し込みの需要が高まる時期に、全講座を対象に実施しているキャンペーンです。

これまでの実施時期は1月・4月・9月

価格の割引率は各講座によって異なるものの、定価から50%程安くなる講座もあり、見逃せないキャンペーンとなっています。

本試験お疲れ様キャンペーン

本試験の終了直後に実施されるキャンペーンです。

社労士試験の場合、本試験は8月下旬ですから、キャンペーンの開始もその時期となります。

少しでも早く翌年の本試験に向けてスタートしたい方に、チェックして欲しいキャンペーンです。

チャレンジキャンペーン

本試験の合格発表後に実施されるキャンペーンです。

社労士の場合は、10月末~11月初旬頃から開始されます。

本試験で残念ながら不合格だった方がリベンジする際に、参考にして欲しいキャンペーンです。

 

=>「フォーサイト 社労士 通信講座」の公式ページはこちら

 

社労士チャレンジキャンペーン実施中【11月8日(月)21:00まで】

※本キャンペーンは終了しました。

フォーサイト社労士講座では、11月8日(月)21:00まで「チャレンジキャンペーン」を実施中です。

期間中は、最大61,800円引き(36%OFF)の特別価格で社労士講座の各コースが販売されます。

フォーサイト社労士講座を検討されている方は、このチャンスをお見逃しなく!

 

=>「フォーサイト 社労士 通信講座」の公式ページはこちら

.

フォーサイト 社労士 通信講座 価格・受講料

コース、キャンペーン

フォーサイトの社労士通信講座には、以下のようなコースがあります。

  • 単科講座 基礎講座: 57,800円(税込、送料別)
  • 単科講座 過去問講座: 57,800円(税込、送料別)
  • 直前対策講座(法改正対策・白書/統計対策・横断まとめ・選択対策・択一対策)セット: 49,800円(税込、送料別)
  • 模擬試験(模試)講座:10,800円(税込、送料別)
  • 直前集中応援セット(模擬試験講座+直前対策講座):54,800円(税込、送料別)
  • バリューセット1(基礎+過去問講座)セット:価格76,800円(税込、送料別)
  • バリューセット2(基礎+過去問+直前対策講座)セット:価格107,800円(税込、送料別)
  • バリューセット3(基礎+過去問+直前対策+過去問一問一答演習)セット:価格118,800円(税込、送料別)※全額返金保証有り

※価格(料金)は時期により変動することがあります。購入前に公式サイトで確認をしてください。

単科講座の方が安いですが、受験対策としては、少なくとも基礎講座と過去問講座がないと話になりませんので、実質的にバリューセットを選ぶ必要があります。

TACやLECなどの大手資格スクールでは、社労士講座は10万円台後半~20万円程度で提供していますから、バリューセットを選んだ場合、大手の半分程度の低い価格であることが分かるかと思います。

詳細な教材内容

フォーサイトを受講すると、具体的にはどのような教材が送られてくるのでしょうか? ここではバリューセット1~3の詳細な教材内容について見て行きましょう。

基礎講座(バリューセット1~3共通)

  • テキスト 10冊

過去問講座(バリューセット1~3共通)

  • 問題集 10冊
  • 模擬試験
  • 予想問題集
  • 演習ノート

eラーニング ManaBun(バリューセット1~3共通)

デジタルテキスト・講義動画+音声(ストリーミング・ダウンロード)・eライブスタディ・学習スケジュール・確認テスト・チェックテストなど

補足資料・副教材(バリューセット1~3共通)

  • 受講ガイド
  • 戦略立案編
  • 合格必勝編
  • 入門講座 テキスト(社労士の実務を例にしながら、学習内容の全体像を把握できる)
  • 労働経済白書のポイント
  • 厚生労働白書のポイント
  • 法改正情報
  • 合格カード
  • 社会保険労務士マンガ
  • 合格体験記
  • 無料メール質問 (バリューセット1は10回、同2は15回、同3は20回まで)

直前対策講座(バリューセット2~3共通)

  • テキスト 5冊

過去問 一問一答演習【eラーニング内】(バリューセット3のみ)

一問一答形式の過去問演習により、選択肢の組合せの運に左右されない、本物の問題解答力を身につけることができます。解答データから苦手な問題が洗い出され、より効率的に学習が可能。また、時間と問題数を指定し、自分だけの「オリジナル模試」の作成ができます。

※詳細な教材内容は以上となります。一見多いように思われるかも知れませんが、メインで利用するのは「テキスト10冊・問題集10冊」となります。

クーポン適用でさらに割引

また、バリューセットで使えるスペシャルクーポン(クーポンコード)が、フォーサイトのホームページで表示されることがあります。

※スペシャルクーポンは、キャンペーン期間中だけ表示されます。

キャンペーン期間中にバリューセットを購入する場合は、クーポンコードの適用を忘れないでください。

教育訓練給付制度に対応

フォーサイトの社労士講座のうち、バリューセット1~2は、教育訓練給付制度(一般教育訓練)の対象講座です。

そのため、一定の条件を充たすと、講座受講時に支払った金額の20%がハローワークから給付されます。

給付条件には、本試験の合格・不合格は含まれないので、試験に不合格でも他の受給要件を充たせば、20%の給付を受けられます。

フォーサイト社労士講座の教育訓練給付制度についてくわしくは、下記の記事も参考にしてください。

フォーサイト社労士講座の教育訓練給付制度
フォーサイト社労士講座で教育訓練給付制度は使える?こんにちは、チサトです。 もともと人気の高いフォーサイト社労士講座ですが、一部のコースは教育訓練給付制度に対応しています。 ...

 

全額返金保証 ~もしも不合格なら、受講料を全額返金

バリューセット3は全額返金保証制度が適用されます。

「バリューセット3で実際に学習を進め、フォーサイトの規定を満たしたにもかかわらず、試験に合格できかった場合、全額返金」となります。

ただし、フォーサイトの規定を確認したところ、かなりハードルが高い(返金の条件が厳しい)です。

【全額返金を受けるための規定】

  • 全ての確認テストにおいて100点を取得すること
  • 選択式試験と択一式試験を合わせた専用試験(学力テスト)を2回受験し、次の条件をいずれも満たすこと
    44点満点(選択式試験は16点、択一式試験は28点)で平均33点以上を取得すること
    (合計点が65点の場合は、端数を切り捨て、平均32点とします)
    選択式試験及び択一式試験で、2回の試験を通算し、下記の(1)(2)の条件をいずれも満たすこと
    (本試験における「基準点」のような位置づけ)
    (1)選択式試験:0点科目が2つ以下であること
    (2)択一式試験:1点以下の科目が2つ以下であること
  • 本試験において以下の条件をいずれも満たすこと
    本試験にて各科目の合格最低点+1点以上であること
    (例:選択式試験の合格最低点が25点なら26点以上、択一式試験の合格最低点が42点なら43点以上)
    選択式試験及び択一式試験の15の試験科目における基準点のうち、基準点割れとなった試験科目が1つ以下であること
    (基準点の引き下げによって基準点を満たした場合には、基準点割れの試験科目としては扱いません)
  • 本試験前に必要書類を提出すること
  • 本試験後に必要書類を提出・教材の返送をすること

以上のように、全額返金保証は

徹底的に勉強して、「合格間違いなし」と思われた人が、万が一、不合格だった時の保険

のような制度、と考えたほうがよいでしょう。

あくまで合格を目標に切磋琢磨された方への救済制度の位置づけであり、「不合格者」になった全ての方に全額返金される訳ではありませんので、注意が必要です。

※なお、フォーサイト社労士講座の全額返金保証制度の詳細についてくわしくは、下記の記事も参考にしてください。

フォーサイト社労士講座「全額返金保証制度」
フォーサイト社労士講座「全額返金保証制度」とは?その秘密に迫る!こんにちは、チサトです。 フォーサイトの社労士通信講座では、受講後の本試験に不合格だった場合に、一定の条件をクリアすることで、なん...

 

キャリアアップに最適な、ダブルライセンス割引制度

「ダブルライセンス割引制度」とは、簡単に言えば「一度フォーサイトで通信講座を受講した方は、2回目以降に割引を適用してもらえる」という制度のことです。

たとえば、今年宅建士を取得し、来年度はステップアップとして行政書士講座を安い受講料で受講するなど。

継続的にキャリアを向上させたい方は、金銭的に有利なダブルライセンス制度をぜひ検討してみてください。

他の通信専門スクール(クレアール、スタディング)との価格比較

ここでは、他の通信講座専門スクールのうち、クレアールとスタディングの価格と比較してみます。

スクール名 コース名 価格
フォーサイト バリューセット1 76,800円
スタディング 合格コース 59,800円
クレアール 一発合格ストレートコース 標準価格234,000円(ただし2021年8月の限定で93,600円)

上記の他社の特徴は次のとおり

  • スタディング:ほとんどの講座で業界最低価格帯で提供する新進気鋭のスクール
  • クレアール:50年以上の歴史と実績を持つ老舗スクール

クレアールは現在では通信専門スクールですが、以前は全国に教室を展開していた、TACやLECと同じぐらい知名度のある老舗スクールです。

そのため、クレアールの社労士講座は標準価格こそ高額ですが、頻繁に割引キャンペーンを実施しており、10万円を超える値引きも珍しくありません。とはいえ、値引き後の価格をみても、クレアールよりフォーサイトの方が十分に低価格になっています。

一方のスタディングですが、こちらはフォーサイトと並んで当サイトで人気の高い講座になります。気になる方は、スタディング社労士講座の口コミ・評判の記事をチェックしてみてください。

スタディング社労士講座の評判・口コミ
スタディング社労士講座で合格できる?評判・口コミやデメリットも解説! <人気講座ランキング(上位3社)> 第1位 スタディング:高品質なのに業界最安価格:46,800円~ 第2位 フォー...

 

無料の資料請求で、市販の社労士勉強法ノウハウ本がもらえる!【完全無料】

フォーサイトでは、実際に内容を確かめ、初めての方も安心して申込みができるように、資料請求には「サンプルテキスト」「サンプルDVD」 などの教材が無料でついてきます。

また、今、資料請求すると、最新のEラーニング学習システム「ManaBun」を無料で試すこともできます。

完全無料ですので、「本当のところ、フォーサイトはどうなんだろう」なんて考えている方は、一度試してみてください。

=>「フォーサイト 社労士 通信講座」の公式ページはこちら

.

社労士の通信講座 一覧

<社労士の通信講座 おすすめベスト5>

 

<その他の通信講座>

<大手スクール(通信&通学)>

 

=>社労士の通信講座 おすすめ・比較・ランキングはこちら

この記事の監修者
氏名 西俊明
保有資格 中小企業診断士 , 宅地建物取引士 , 2級FP技能士
所属 合同会社ライトサポートアンドコミュニケーション