フォーサイト

フォーサイト社労士講座で教育訓練給付制度は使える?

フォーサイト 社労士通信講座

(出典:フォーサイト)

こんにちは、チサトです。

もともと人気の高いフォーサイト社労士講座ですが、一部のコースは教育訓練給付制度に対応しています。

教育訓練給付制度とは、一定の条件を満たした方は、支払った費用の20%が返ってくる国の制度です。

たとえば、10万円の講座だと2万円もキャッシュバックがあることになり、非常にオトクですよね。

そこで、今回の記事では

  • 教育訓練給付制度の概要
  • フォーサイト社労士講座の対象コース
  • 教育訓練給付制度(一般教育訓練)の対象となる方
  • 教育訓練給付を受けるための手続き

以上について、分かりやすく説明をしたいと思います。

フォーサイト社労士講座の受講を検討している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

なお、フォーサイト社労士講座の評判・口コミについてくわしくは、下記の記事をチェックしてください。

フォーサイト 社労士通信講座
フォーサイトの社労士講座 評判・口コミを徹底分析!【2022年向け最新版】こんにちは、チサトです。 この記事では、フォーサイト(foresight)の社会保険労務士(社労士)通信講座について、お伝えします...

 

教育訓練給付制度の概要

教育訓練給付制度は、雇用保険法における失業等給付のひとつです。

雇用保険というと、失業保険(失業手当)のことが一番に思い浮かぶと思います。

しかし、雇用保険は失業手当のためだけに使われているのではありません。失業を防いだり、雇用を安定化させるための様々な給付にも使われています。

そのうちの一つが、教育訓練給付制度です。

教育訓練給付制度は、一定の条件を満たした方が、厚生労働大臣の指定する講座を受講し修了した際に、教育訓練機関に支払った経費の一部を支給する制度です。

働く人の主体的な能力開発の取組み又は中長期的なキャリア形成を支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的としています。

フォーサイトの教育訓練給付制度は、一般教育訓練給付金の対象

教育訓練給付制度は一般教育訓練給付金と専門実践教育訓練給付金の2種類があります。

フォーサイトの社労士講座は一般教育訓練給付金の対象です。

一般教育訓練給付金は働きながら学習できるような、英会話や通信教育などが該当します。

フォーサイト社労士講座のなかで教育訓練給付(一般教育訓練)の対象となるコースはバリューセット1と2

対象となるのは、次の2コースです。

  • フォーサイト社労士講座 バリューセット1
  • フォーサイト社労士講座 バリューセット2

なお、フォーサイトの社労士通信講座には以下のように多くのコースがありますが、バリューセット1および2以外は対象外なのでご注意ください。

  • 単科講座 基礎講座: 57,800円(税込、送料別)
  • 単科講座 過去問講座: 57,800円(税込、送料別)
  • 直前対策講座(法改正対策・白書/統計対策・横断まとめ・選択対策・択一対策)セット: 49,800円(税込、送料別)
  • 模擬試験(模試)講座:10,800円(税込、送料別)
  • 直前集中応援セット(模擬試験講座+直前対策講座):54,800円(税込、送料別)
  • バリューセット1(基礎+過去問講座)セット:価格76,800円(税込、送料別)
  • バリューセット2(基礎+過去問+直前対策講座)セット:価格107,800円(税込、送料別)
  • バリューセット3(基礎+過去問+直前対策+過去問一問一答演習)セット:価格118,800円(税込、送料別)※全額返金保証有り

※価格(料金)は時期により変動することがあります。購入前に公式サイトで確認をしてください。

教育訓練給付制度(一般教育訓練)の対象となる方

教育訓練給付金の支給対象者(受給資格者)は、以下のいずれかに該当する方であって、厚生労働大臣が指定する教育訓練(フォーサイトの対象講座)を修了した方です。

今回はじめて利用する方

受講開始日の時点で、雇用保険の一般被保険者である期間が通算で1年以上ある方が対象となります。

受講開始日の時点で、一般被保険者でない場合でも、一般被保険者であった日から1年以内(※)の方で、一般被保険者の期間が通算で1年以上あれば利用できます。

※妊娠・出産・育児・疾病・負傷等の事由があった場合、ハローワークで所定の手続きを行っていただければ最大20年の延長が可能です。延長可否を含め、詳しくはハローワークでご確認ください。

過去に利用したことがある方

受講開始日の時点で、雇用保険の一般被保険者である期間が、前回制度を利用した際の受講開始日から通算で3年以上ある方が対象です。

さらに、受講開始日の時点で、雇用保険の一般被保険者である期間が、前回制度を利用した際の受給決定日から通算で3年以上ある方も対象です。 (ただし、平成26年10月1日以前に教育訓練給付金を受給した場合は、この期間は必要ありません。)
受講開始日の時点で、一般被保険者でない場合でも、一般被保険者であった日から1年以内(※)の方で、一般被保険者の期間が通算で3年以上あればご利用いただけます。

※妊娠・出産・育児・疾病・負傷等の事由があった場合、ハローワークで所定の手続きを行っていただければ最大20年の延長が可能です。延長可否を含め、詳しくはハローワークでご確認ください。

教育訓練給付制度(一般教育訓練)の受給資格が、自分にあるかどうか確認する方法

受給資格があるかどうかが不明な場合には、ハローワークで受給資格の有無を照会することができます。

ハローワークに備え付けの教育訓練給付金支給要件照会票に必要事項を記入し、本人確認、及び、本人の住居所の確認できる書類(運転免許証、国民健康保険被保険者証、のコピー等)を添付して、 受講予定者本人が、本人の住居所を管轄するハローワークに提出してください。

フォーサイトでは支給要件を満たしているかを判断することはできないので、ご注意ください。

教育訓練給付制度(一般教育訓練)の給付金支給までの流れ

1.申し込み

対象講座を「教育訓練給付制度(一般教育訓練)」を利用する意思を表示して申し込みます。具体的には、対象講座への申し込み時に、申し込みフォームに「教育訓練給付制度(一般教育訓練)を利用する」にチェックを入れて申し込みます。

2.フォーサイトからの書類等の送付

フォーサイトから教材と制度利用に必要な書類が送られてきます。

具体的には、教材初回発送時に、教育訓練給付制度(一般教育訓練)を利用するための必要書類が送付されますので、必要事項をご記入ください。

3.必要書類と身分証明書の提出

二週間以内に必要書類と身分証明書を提出します。

具体的には、記入した必要書類と、身分証明書(運転免許証等)のコピーを二週間以内にフォーサイトへ提出することが必要です。

4.受講

受講期間中に、フォーサイトのeラーニング内の「確認テスト」を全回実施し、全回80点以上得点することが修了認定基準になります。

5.フォーサイトからの書類の送付

修了認定基準を満たした受講生の方に、フォーサイトから下記の書類を送付します。

  • 教育訓練給付金支給申請書
  • 教育訓練修了証明書
  • 領収証

6.給付金申請手続き

給付金申請手続きは受講生様ご自身で手続きをすることが必要です。

受講終了日の翌日から起算して1ヶ月以内に、受講生本人の住居所を管轄するハローワークへ必要書類を提出・申請手続きを行ってください。 1ヶ月を過ぎると申請ができませんのでご注意ください。必要書類はハローワークでご確認ください。

7.支給終了

給付金申請手続きの際に届け出た振込先口座に教育訓練給付金が支給されます。